« 顔芸!? | トップページ | 買ってみた »

2005.09.04

SHIROH

昨日はゲキ×シネ「SHIROH」を観てきました。
ゲキ×シネというのは、劇団☆新感線プロデュースの舞台を映像に残し、映画館で上映するというものです。
今後は劇団☆新感線に限らず、人気の劇団の舞台を映画館で上映していくかもしれませんね。
これまででも、DVDやスカパーのシアターテレビなどで、舞台を映像としてみる機会はありましたが、ゲキ×シネは、上映することを前提にカメラで撮ってるので、記録的に撮ってる映像とは全然カット割が違いますね。
ファンにとっては、舞台でみてさらに、劇場でも楽しめてという、2度美味しい思いができるわけですな。
裏をかえせば、劇団や興業会社が儲かるしくみになってますな。。。

「SHIROH」は劇団☆新感線、初のロックミュージカルということで、2004年12月にあの帝国劇場で公演した舞台です。「島原の乱」の史実をもとに作品化されてます。「島原の乱」に関しては、僕自身歴史の授業でならった程度なので、それほど詳しくないのですが、さすが中島かずきさんの脚本はすごい。よくここまで、というくらいに
壮大なスケールの物語に仕上がってます。

主演のお二方、中川晃教さんと上川隆也さん。中川さんの高音の透き通った歌声が劇j中の随所で観客を癒し、そして最後のクライマックスで切なさと感動を与えてくれます。そして、上川さん。低音の魅力ある声とキャラメルで培った華麗な殺陣。
脇を固める新感線の面々。そうそう、高橋由美子さんの歌がいい。レ・ミゼラブルを観て初めて、この人こんなに歌がうまいんだと思いました。昔アイドルで出て、テレビドラマでしか高橋さんを見ていなかったので、舞台に立った高橋さんを知りませんでしたから・・・

江守徹さんも味がある。さすが大御所。一応ミュージカルなので基本的にセリフは歌です。江守さんも4、5曲唄ってたかな。こんなに唄っていいの?って思うくらいに・・・江守さんはこれでいいんだ、って感じですかね(笑)

物語は終盤に向け、どうしようもなく悲劇になっていくのですが、今回実はあまり泣けなっかたですね。周りから「泣ける」って言われてたからか、逆に構えてしまったんですかね・・・僕には珍しく。レ・ミゼラブルやミス・サイゴンを何度観ても泣けるのに。

きっと、劇場で観てたらまた違ってたんでしょうね。やはり舞台は生で観ないとね・・・

今月は堤真一さん主演の「吉原御免状」を観に行きます。殺陣シーンが多いということで、かなり楽しみです。

|

« 顔芸!? | トップページ | 買ってみた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「演劇・ミュージカル」カテゴリの記事

「舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1648/5867223

この記事へのトラックバック一覧です: SHIROH:

» 「SHIROH」完遂 [文車に燃ゆ恋文]
行ってきました、ゲキ×シネ「SHIROH」。昨日の追記にも書きましたが、超号泣。身体の水分あるだけ泣きました。キャストから言うと、上川隆也さん、中川晃教さんのツ... [続きを読む]

受信: 2005.09.11 18:36

« 顔芸!? | トップページ | 買ってみた »